スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

BREATHE CAROLINA『Gossip - EP』


久しぶりに煮っ転がし撃沈

さてさて、今回はDavid君とKyle君の二人による
BREATHE CAROLINAのEPをご紹介拍手

Electronicaで Screamo。
Enter Shikariをライトにした感じ?

ニューレイヴとか、そんな大袈裟な感じじゃなくて
古典的なテクノサウンドにちょっとクリームが入ってる程度。

でも「Screamo」だから、メロディーはエモいのです。

バカポップなだけのテクノ系は飽きた!
五月蠅いだけのスクリーモは要らん!
・・・とまぁ、そんな方にオススメっすねイケテル

PCpure volume

PCMySpace
Chemical Vocation『S/T』


スウェーデンからコンニチハ。
Chemical Vocationです。

The Used、 Funeral for a friend、 Underoath等好きな人は、
ぜひ聴いてみてください。きっと気に入るはずです!
・・・だそうです。

要は、スクリーモバンドって話ですね。

FFAFにほんのりとUKテイストがあるように
Chemical Vocationには北欧バンドのクラシカルな
テイストみたいなものがありますね。

めちゃ「インディーズ」な音ですけど
曲に幅があって飽きないです♪

◇◆Audioleaf◇◆
◆◇MySpace◆◇


ザ・ウインドウ
評価:
ザ・ミッション・イン・モーション
インディーズ・メーカー
¥ 1,796
(2007-08-08)
オーストラリアからコンニチハ。
The Mission In Motionの『The Window』です。

エモさとポップさのバランスがいいです。

メタル、エモ、ポップ・・・
色んなジャンルをちゃんと消化してる感じがして、
なかなか頼もしい(?)です!

◆◇audioleaf◆◇
There Came a Lion
評価:
Ivoryline
Tooth & Nail
¥ 1,429
(2008-02-05)
IVORYLINEの『There Came a Lion』、エモ好きさんの間では高評価。
Tooth & Nailはハズしませんなぁ〜。

すごく聴きやすい・・・って言うと軽いかな?
オトナシイ訳ではないけど、もの凄く振り切れる訳でもなく。
うん・・・ソツのないアルバム。




ア・プレイス・オン・ソリッド・グラウンド
評価:
ザ・フーディーズ
インディーズ・メーカー
¥ 1,995
(2007-10-17)
ネットで数曲視聴して気に入った・・・つもりでした。

でも、いざアルバムを購入して聴いてみると、
「あれれ・・・」でした。

マイナー調の曲はエモくてカッコイイのに、ポップな曲はイマイチ。。。
軽すぎるというか、面白みがないというか、エモくない・・・(笑)
EMOに麻痺した耳には、ちょっと物足りなかったです。



ダーリン・バッズ・オブ・メイ
評価:
フォルター
FABTONE RECORDS
¥ 1,995
(2006-09-06)
FAULTERの『the darling buds of may』。
2006年発売の作品なので、エモ好きさんには
「今さら?」・・・って思われそうですが(笑)

食傷気味なエモファンの間でも、
結構、高評価みたいですね。

雰囲気的にはARMOR FOR SLEEP辺りに近いかな?
革新的なアルバムではないけれど
何か、買わずにはいられない・・・。

アップテンポな曲もスローな曲も
エモ好きの心を瞬時に掴んじゃうような
メロディーの良さがあります♪

◇◆pure volume◇◆



Intermission to the Moon
評価:
A Dream Too Late
TNL
¥ 1,181
(2007-11-06)
Tooth and Nailの中ではMaeに近いメロディーセンスかと。

リードトラック『Intermission To The Moon』のPVの
ロケッットで飛んじゃう少年が、Maeの『Suspension』の
お手製ヘリコプターで飛ぼうとする少年と被ってしまいました。。。

A Dream Too Lateはひたすら突き抜けるようなポップバンドではないみたい。
ポップな曲も聴きやすくていいけど、
ちょっと影のある感じが、このバンドのいいスパイスになっている気がします。

  A Dream Too Late - Intermission To The Moon


  Mae - Suspension


◆◇pure volume◆◇




Glory Nights 『We're All The Same Down Here』


エモい。。。
クリアなハイトーンVoがすごく綺麗で奥深いですねぇ。
カナダのバンドですが、USエモとは違う繊細さが魅力的。
初期のSilversteinに近い感じもするけど、
Silversteinの突き刺すような「イタい感」はなくて
ふわっとした感じの、聴きやすいアルバムです。


◆◇pure volume◆◇

◇◆my space◇◆
After the Sirens『What I Have To Give, Let It Be Enough』


何でしょう、これ。
エモ?アンビエント?テクノ?
何だか分からないけど、凄い。

イントロは(あんまり上手くない)ハードコア(笑)
でもそれが、Voが入った途端に綺麗なエモに変化したり・・・。

面白みがあって心地よい・・・不思議なサウンド。

◇◆pure volume◇◆
◆◇my space◆◇
◇◆激ロック(インタビュー)◇◆

Cosmos
評価:
The Send
Tooth & Nail
¥ 1,316
(2007-07-31)
2008年のCD初買いは『THE SEND』にしてみました。
ピアノとアコギのしっとり系美メロが素敵。
ジャケット写真のように、曇り空が似合う感じ。



◆◇Tooth & Nail◆◇
◇◆pure volume◇◆







Profile
Calendar
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
New Entry.
Categories.
Archives.
Comment.
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM
Search
Sponsored links